Doorkeeper

Webアクセシビリティの学校 2022 秋 特別講座(2022/9/19)

2022-09-19(月)13:15 - 17:45 JST
オンライン リンクは参加者だけに表示されます。
申し込む
あと92人参加できます。
一般 3,000円 前払い
申込締切
9月19日 11:15
UDトーク字幕編集 Aチーム 無料
申込締切
9月7日 19:00
UDトーク字幕編集 Bチーム 無料
申込締切
9月7日 19:00

詳細

「加齢」と「認知」と「学習」の視点からアクセシビリティを考える

「アクセシビリティ」というと、視覚や聴覚をはじめとする身体障害の話題になりがちですが、このウェビナーでは、少し違った視点から考えるきっかけを作りたいと考えています。

歳を重ねても伝わるデザインとは? キーワードは「加齢」

また、皆さんもご存知の通り、日本は世界で最も高齢化が進んでいる国です。「少子高齢化」というキーワードもふまえると、今後はインターネットユーザーの高齢化もますます進んでいくことが予想できます。加齢による人の能力の変化として、認知や学習に関するものが挙げられますが、認知障害や学習障害のユーザーニーズとオーバーラップする部分もあるのではないでしょうか?

ちなみに、「高齢者」というと65歳以上を指しますが、さまざまな能力の衰えは65歳になる以前から始まっています。例えば、多くの人は45歳前後から老眼であることを自覚し始めるといいます。そこで、このウェビナーでは「高齢者」ではなく「加齢」をキーワードにしました。英語で言うなら「elderly people」ではなく「older users」です。

関心が高まる「認知」と「学習」

例えば、W3Cのアクセシビリティガイドライン「WCAG (Web Content Accessibility Guidelines)」を作成している、AG(Accessibility Guidelines)ワーキンググループは、認知障害や学習障害のユーザーニーズをサポートすることに積極的に取り組んでいます。実際に現行バージョンの「WCAG 2.1」では、認知障害や学習障害のユーザーを想定した達成基準が新たに追加されました。

様々な視点から得られる「加齢」と「認知」と「学習」のヒント

このウェビナーでは、以下の4つのテーマのセッションをお届けします。
- 数値やデータから見る市場ニーズ(UXPRESS 井出 健太郎)
- 高齢者向けUIのプロトタイプ検証(Ubie株式会社 三橋 正典)
- 認知と学習のユーザーニーズ(株式会社インフォアクシア 植木 真)
- デザイナー視点からの実践的なアプローチ(HUMORE たじま ちはる)

こんな皆さんにオススメ!

  • Webサイトやモバイルアプリのアクセシビリティに興味がある方(職種不問)
  • シニア市場をターゲットにしたお仕事をしている方
  • 認知障害や学習障害に関心がある方
  • UIプロトタイプ検証の体験談から学びたい方
  • 少子高齢化時代におけるWebデザインを考えてみたい方
  • そして、何よりも自分のコンテンツやサービスを今までよりも多くの人に届けたい方

タイムスケジュール

※ セッション情報は、近日中に公開いたします。
- 13:15~13:30 オープニング
- 13:30~14:20 セッション 1
- (休憩10分)
- 14:30~15:20 セッション 2
- (休憩10分)
- 15:30~16:20 セッション 3
- (休憩20分)
- 16:30~17:20 セッション 4
- 17:20~17:45 エンディング
- 18:00~19:00 オンライン懇親会 *希望者のみ

※ 懇親会は希望者のみ。URLを当日ご案内します。
※ タイムスケジュールは、予告なく変更することがございます。予めご了承ください。

アプリ「UDトーク」を使用したリアルタイム字幕を提供します。

  • 例えば、セミナー受講にはPC、字幕利用にはスマホ/タブレットをご用意いただくことをオススメします。
  • UDトークの字幕編集(修正)スタッフ(交替制)を募集中です。詳細は下記を参照ください。

講師紹介(順不同・敬称略)

「Webアクセシビリティの学校」は、Web担当者やWeb制作者全般を対象にして開催し、全国各地でご好評をいただいてきました。今回は、4名の講師による特別セッションをお届けします。
※ セッション内容は、予告なく変更することがございます。予めご了承ください。

井出 健太郎(いで・けんたろう)

顔写真:井出 健太郎さん
UXPRESS CONSULTING INC
米国Sony Electronics IncにてUX Team Leadなどを歴任した後、2015年1月に独立しカリフォルニア州サンディエゴにUXPRESSを設立。立上げ後6年間で日立・トヨタ・リコー・ソニー・サイボウズなど、50社以上の日本企業のグローバルデザインリサーチをサポート。IoT、モビリティ、伝統工芸から有機農業など幅広い業界で、スタートアップや中小企業から日本を代表する大企業まで、数多くの日系企業のグローバルUX/Accessibilityリサーチをサポートしている。
人間中心設計専門家 (HCD-Net)、Certified UX Designer (Google)、Advanced Design Thinking Certificate (IDEO U)、米国国土安全保障省認定Webアクセシビリティ評価者(US Homeland Security 国土安全保障省)

三橋 正典(みつはし・まさのり)

顔写真:三橋 正典さん
Ubie株式会社 デザイナー
1987年千葉生まれ。
Web制作会社からグッドパッチ、メルカリ ソウゾウを経てUbieに2人目デザイナーとしてジョイン。
「ユビ―AI問診」「症状検索エンジン「ユビ―」」のデザインに従事。
プロダクトデザインをしつつ、最近では多くの人がプロダクトを使える状態にすべく、社内でアクセシビリティの推進を行っている。

植木 真(うえき・まこと)

顔写真:植木 真
株式会社インフォアクシア Webアクセシビリティ・コンサルタント
診断、ユーザー調査、教育・研修、開発部門や制作会社のサポートなどを通じて、企業のWebサイトやモバイルアプリのアクセシビリティ向上をサポートしている。Webコンテンツの日本産業規格「JIS X 8341-3」の原案作成にも、初版の2004年版、2010年版、そして2016年版と参加し、2016年版では原案作成委員会の委員長を務めた。2012年から2019年まで、ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)の委員長、現在は作業部会1委員。また、W3CのAG(Accessibility Guidelines)ワーキンググループで「WCAG 3.0」の策定にも従事している。

たじま ちはる(たじま・ちはる)

顔写真:たじま ちはるさん
HUMORE デザイナー・ディレクター
大阪芸術大学を卒業後、制作プロダクション、広告代理店、企業内のデザイナーを経て、2017年に独立。グラフィックデザインとウェブデザイン双方の分野で、「目的を達成するために、誰に何をどんな手段で届けるか」というマーケティング段階から制作に携わる。実務で得た知識を「デザインの考え方」として業界に向けて発信することにも意欲を持ち、数百人規模のイベントに登壇するかたわら、大学や社会人向けスクールにて教鞭を執る。近著は『配色デザイン良質見本帳 イメージで探せて、すぐに使えるアイデア集』(SBクリエイティブ)。

UDトークを使って「みんなで作るリアルタイム字幕」

当日は、アプリ「UDトーク」を使用して、リアルタイム字幕を提供します。UDトークは、音声認識技術を使って、話者の発話内容をリアルタイムで文字に変換します。正しく変換できなかった箇所は、人手で修正することができるのですが、その体験をしてみたい方を募集します。

  • 未経験者歓迎します! この機会に是非ご体験ください。
  • 4人1組で、2組に分かれていただきます(下記の担当時間は目安です)。
    • Aチーム:オープニング(15分)+セッション 2 + セッション4
    • Bチーム:セッション 1 + セッション 3 + エンディング(25分)
  • お礼として、セミナーへの参加費は無料。質疑応答への参加やスライド入手もできます。
  • 先着8名様です! 「UDトーク字幕編集スタッフ」いずれかのチーム枠でお申込みください。
  • 未経験者も歓迎。事前に練習会も実施予定です。

日時

2022年9月19日(月曜日・祝日)13:15~17:45
※ 希望者のみ:18:00~ オンライン懇親会あり(1時間程度)

受講料

3,000円

キャンセル

  • 開催当日12時(正午)までキャンセル無料
  • キャンセルされる場合は、info@weba11y.jp までご連絡ください。

主催

株式会社インフォアクシア

コミュニティについて

Webアクセシビリティの学校

Webアクセシビリティの学校

株式会社インフォアクシアが全国各地で開催している「Webアクセシビリティの学校」。Web担当者やWeb制作者全般を対象にしたぶ3時間の講座です。 札幌、秋田、仙台、新潟、東京、横浜、浜松、名古屋、大阪、岡山、高松、福岡など、全国各地で開催。アクセシビリティを確保したWebコンテンツ制作の基礎を楽しく学べる講座として、全国各地でご好評をいただいております。

メンバーになる